• ホーム
  • スーパーPフォースで早漏もEDも治せます

スーパーPフォースで早漏もEDも治せます

2020年03月03日
悩んでいる男性

早漏の悩みを抱えている方、実はEDにもなっているという場合も多いです。精神面が大きく影響することもあり、早く射精してしまう・セックスが上手く行かないという悩みが早漏・EDのどちらにも悪く働いてしまうのです。

どちらも性に関するデリケートな悩み、そのため病院に行くのも誰かに相談することも出来ず困っているのであればお薬の力を借りてみませんか。

早漏と言えばプリリジーがありますし、EDならばバイアグラが有名です。でもわざわざプリリジーとバイアグラの両方を併用する必要はありません。スーパーPフォースであればどちらもの悩みを解決する効果を持つ成分が入っているのです。服用することで勃起力が回復し、持続時間も伸びることでしょう。

スーパーPフォースの有効成分は2つ、シルデナフィルとダポキセチンです。すなわちバイアグラとプリリジーの有効成分が上手く配合されて作られている薬なのです。

気をつけなければならないのが持続時間、服用することで体内に吸収されるまでには30分から1時間かかり、1・2時間で最大血中濃度になると言います。ただそれはダポキセチンの方でこちらは短時間作用型となっているのです。シルデナフィルの方、EDに対する改善効果は服用から5・6時間ほどとなっておりそれ以降は意味がないものとなります。シルデナフィルは空腹時に服用しなければならず、特に油分が多いものだとほとんどの成分が吸収を阻害されてしまいます。

すなわち、両方の効能をしっかりと受けたいというならば必ず空腹時に服用すること、性行為を行う1時間前後前には飲んでおいて5時間前後で終わってしまうことを知っておきましょう。2つが合わさった薬ですから、どちらもの特徴をきちんと掴んでおかないと、性行為をする頃にはまだ十分に濃度が達していなかったりすでに終わったりしていて意味のないものになります。ちなみに副作用だってどちらも受け継いでいますから注意が必要です。1錠ずつ売られてはいるものの小柄な日本人だと1錠そのままを飲むと副作用のリスクが高まってしまいます。ピルカッターなどを使って錠剤を半分にして飲むようにしてください。上手く活用できたら力強い味方となるスーパーPフォース、使い方は難しいもののプリリジーとバイアグラ、それぞれの特徴を知っていればきっとお分かりいただけるはずです。スーパーPフォースもジェネリック医薬品の一つ、新薬と比べると経済的負担も少なくてすみます。

関連記事
射精時間を遅らせる性行為中の体位で改善してみる

目から入ってくる情報や陰茎に与えられる刺激、それらが射精へと導きます。出来るだけ射精時間を長くしたいのであればこれらを少しでも減らすこと、パートナーと協力して性行為を行うことである程度はコントロールできます。とりあえず、ガンガンピストン運動を繰り返していればあっという間に果ててしまうことでしょう。ピ...

2020年04月06日
早漏は病気?けど日本ではまだ病気とは認めてないかも

射精までの速度が早かろうが遅かろうが、膣内に挿入できて自身の精子を注ぎ込むことが出来るのであれば子孫は残せます。動物の世界などは早漏が当たり前、だからこそ日本では病気というよりも単なる個性といった位置づけでしかありません。ただ、海外では早漏イコール病気という認識です。欧米や諸外国に於いては、早漏であ...

2020年05月10日
極端に射精が遅い遅漏の方が女性に嫌われる

早漏に悩む男性は多いですが、実際に何分以上が早漏と決まっているわけではなく明確な基準というのはないのです。何しろベッドの中でのことですから誰かと比べるわけにもいきません。上手く編集されたアダルトビデオを参考に、1人で勝手に悩んでいる方が多いのが現状です。ただ、女性の側からの意見を見ると極端に射精が遅...

2020年04月23日
早漏になりすい人の特徴はこれだ!

運動をよくやっているという方や若い方の共通点として、過敏性早漏があります。陰茎の神経が過敏で脳が性的刺激を感じる前に外部からの刺激だけで射精中枢が反応し、性的興奮度が頂点に達してしまうのです。勃起欲も性欲も旺盛で健康な印、年齢を重ねていく中で落ち着いていくのではないでしょうか。ただし射精が上手く行か...

2020年03月19日
早漏ならジェネリックであるポゼットで改善

プリリジーを使えば、射精時間が何倍もに遅らせることが出来ます。続けて使用していると更に射精時間を伸ばしていくことが可能なのです。とはいえ、毎回のように使用を考えるのであれば問題となるのはお値段です。クリニックにて処方してもらった場合、平均して1錠当たり3000円ほどもかかるのです。これだと続けること...

2020年02月17日